日焼け止めは無添加がおすすめなの?無添加日焼け止めのメリット・成分など基本情報をご紹介

このサイトでは刺激となる成分が使用されてない無添加の日焼け止めについてさまざまな情報を紹介しています。
サンスクリーンを塗って肌がピリピリしたり、ポツポツと湿疹のようなものが出てきてしまったという経験はありませんか。
敏感肌など体質によっては、含まれている成分が刺激となることがあります。
せっかく購入したのに、使えなかったら残念です。
どのような成分が含まれているのか、基本情報を分かりやすくお伝えします。

日焼け止めは無添加がおすすめなの?無添加日焼け止めのメリット・成分など基本情報をご紹介

一般的な日焼け止めに使用されている紫外線吸収剤は、紫外線を肌の表面で吸収して化学反応を起こしブロックするため人によっては刺激に感じることがあると言われています。
アトピーや敏感肌で刺激が心配な方は紫外線吸収剤が無添加の日焼け止めが良いかもしれません。
紫外線散乱剤を使用したサンスクリーンは肌に受ける紫外線を散乱反射させてブロックするため、肌への刺激が少ないと言われています。
肌への影響が気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

そもそも無添加日焼け止めとはどのような製品?

しみを濃くしたり、しわの原因になる紫外線をカバーするために効果的なのが日焼け止めです。
あらゆるタイプの物がありますが、肌が弱い方におすすめなのが無添加の化粧品です。
オーガニックコスメとも呼ばれている無添加の日焼け止めには、乾燥やかぶれを引き起こしやすいとされる紫外線吸収剤が含まれておらず、肌に優しいのが最大のメリットです。
有機栽培の植物で作られているので、安心して使用することができます。
そのほか、クレンジングの際にこすらなくても楽に落とすことができるのもポイントです。
肌が敏感だったり乾燥する方で、どの日焼け止めを使ったらいいのか迷った場合は前もって化粧品に含まれている化学成分について調べておくと良いでしょう。
かぶれなどを気にすることなく使うことができる無添加の日焼け止めは、大人だけではなく子供も使えるので便利です。
肌への圧迫感が少なく、軽い付け心地だったり香りが控えめなのも長所として挙げられます。

無添加日焼け止めにはどのような成分が配合されている?

無添加の日焼け止めと聞いて、なんとなく肌に優しそうだったり、なんとなく自然に優しそうだったりということは想像することができます。
しかし、実際にどのような成分が配合されているのかきちんと理解している方は意外と少ないのではないでしょうか。
実は無添加日焼け止めを名乗るための厳格な基準は存在せず、基本的に無香料で無着色、無鉱物油、防腐剤やアルコールが入っていない天然由来のものを指します。
ただし、中には完全に無添加ではないものもあるので注意が必要です。
またもう1つ重要なのが、紫外線吸収剤を使用していないノンケミカルのものであることです。
酸化チタンや酸化亜鉛などが主な成分で、肌に大きな負担をかけるため近年問題視されている成分でもあります。
これらを配合しておらず、紫外線散乱剤を用いている日焼け止めをおすすめします。
無添加を選ぶことは肌を守るだけでなく、自然環境の保護にも繋がります。
正しい日焼け止めの知識を得ることが何よりも大切です。

無添加日焼け止めを選ぶメリットとは?

紫外線は肌へのダメージが大きく、しみなどの原因になるため日焼け止めを年中塗っているという女性は多いのではないでしょうか。
できるだけ肌への負担を少なくしたい方におすすめなのが、無添加の日焼け止めです。
植物が原料でオーガニック化粧品とも言われているもので、肌をいたわりながら紫外線を防ぐ効果があります。
有機栽培の植物で作られた無添加の化粧品は、通常のものと比較すると成分に違いがあり、紫外線吸収剤が使われていないのが特徴です。
香料も控えめ、あるいは無香料の商品が多く肌荒れが気になる人には適しています。
これまでに日焼け止めを使って肌荒れが起きやすかった人は、無添加の商品を使われてみてはどうでしょうか。
落としやすいので、洗顔の際に負担を与えずに済むのもメリットとして挙げられます。
しかし紫外線吸収剤が入っていない日焼け止めは、皮脂や汗を抑える効果が弱いので、汗をかく季節はこまめに塗り直して紫外線をカバーするようにしましょう。

無添加日焼け止めがおすすめなのはこんな人

紫外線を防ぐためには、日焼け止めを塗ることが重要です。
曇りや雨の日であっても紫外線は一年中降り注いでいるので、しっかりとカバーするようにしましょう。
敏感肌の方におすすめなのが、無添加の日焼け止めです。
通常のものと比べると、香りが弱く肌への負担が少ないのが長所です。
有機栽培の植物を原料の無添加コスメは、日焼け止めを塗ってかゆみが出たり乾燥する方に適しています。
皮脂に弱いので、数時間ごとに塗り直す必要がありますが簡単にクレンジングが可能なので、肌をダメージを与えずに済むのもメリットとして挙げられます。
無添加の日焼け止めは敏感肌の方におすすめですが、ほかにもお子様でも使うことが可能です。
そのほか、紫外線が少ない季節や近所への買い物など短時間の外出の際に使ったり、日中室内で過ごす時にも使用されてみてはどうでしょうか。
紫外線は室内にいても、対策をしなければ浴びることになりしみやしわの原因になるので注意が必要です。

日焼け止めに関する情報サイト
日焼け止めの情報サイト

このサイトでは刺激となる成分が使用されてない無添加の日焼け止めについてさまざまな情報を紹介しています。サンスクリーンを塗って肌がピリピリしたり、ポツポツと湿疹のようなものが出てきてしまったという経験はありませんか。敏感肌など体質によっては、含まれている成分が刺激となることがあります。せっかく購入したのに、使えなかったら残念です。どのような成分が含まれているのか、基本情報を分かりやすくお伝えします。

Search